TOP  >  学ぶ  >  再就職準備金貸付事業
再就職準備金貸付事業

 この事業は、介護職として一定の知識及び経験を有する離職中の者を対象に、県内で再就職するために必要となる再就職準備資金を貸し付け、潜在的介護人材の確保、促進を図ることを目的とするものです。

貸付の対象者(※下記のすべてを満たす者)

(1)山梨県内に住所を有する者で、介護事業所を離職した介護職員のうち、介護職員等(「厚生労働大臣が定める基準」に規定する介護職員処遇改善加算の算定要件とされる職種)としての実務経験を1年以上有する者。


(2)次のいずれかに該当する者
  ①介護福祉士
  ②介護福祉士実務者研修修了者
  ③介護職員初任者研修修了者(介護職員基礎研修・ヘルパー1級・ヘルパー2級を含む。)


(3)介護職員処遇改善加算の算定対象となる介護サービスを提供する事業所又は施設のうち、介護職員処遇改善加算を算定しているもの又は地域医療介護総合確保基金を活用して実施する認証・評価制度において一定の評価を得ているものなどの介護人材の確保・育成に努めていると知事が認める事業所又は施設に介護職員等として就労した者


(4)直近の介護職等として離職した日から原則として30日以上が経過しており、介護職員等として再就労する日までの間に、予め山梨県福祉人材センターに届出・登録を行った者

貸付額 

20万円以内。(1人当たり1回限り)

※なお、詳細につきましては募集要項をご覧ください

再就職準備金貸付事業 募集要項

詳 細

 

 

◆ お問い合わせ ◆
山梨県社会福祉協議会 福祉人材研修課
電話 055-254-8654  FAX 055-254-8614